ACEL のすべての投稿

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う電話対応休止のお知らせ

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う電話対応休止のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けて在宅勤務を推進しております。
下記期間におきましては、ユーザーサポート窓口の電話対応を休止させて頂きます。

2月8日(月)~3月7日(日)

ご連絡の際は、以下のお問い合わせフォームもしくはメールにてご連絡をお願いいたします。
お問い合わせフォーム:https://www.acel.co.jp/privete_inquiry
メールアドレス:support@acel.co.jp

お客様におかれましてはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

Ver.1.0.7

(1)動作環境

・ApeosWare Management Suite 2 Flow Management Option(ApeosWare Management Suite 2.1.3、2.1.4)に対応しました。

(2)性能改善

・送信文書の内容が“新しいページを作成し、元の文書を合成して送信する”、かつ「コメントの設定」画面で[任意の文字列を貼り付ける]を有効にした場合に、2ページ目以降にコメントが付加されない問題に対応しました。

Ver.3.3.20

(1)性能改善

・宛先フォルダのFAXプリンタ設定において、「複合機本体から宛先表を参照してFAX送信を実行する」運用を抑止する機能を追加しました。

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う電話対応休止のお知らせ

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う電話対応休止のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けて在宅勤務を推進しております。

下記期間におきましては、ユーザーサポート窓口の電話対応を休止させて頂きます。

1月12日(火)~2月7日(日)

ご連絡の際は、以下のお問い合わせフォームもしくはメールにてご連絡をお願いいたします。

お問い合わせフォーム:https://www.acel.co.jp/privete_inquiry
メールアドレス:support@acel.co.jp

お客様におかれましてはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

Ver.1.2.0

(1)対応機種(プリンター)

・以下のプリンターに対応しました。
ApeosPort C7070 / C6570 / C5570 / C4570 / C3570 / C3070 / C2570
ApeosPort C2360 / C2060
ApeosPort-VII C4422 / C3322
ApeosPort-VII C4421
ApeosPort Print C5570
ApeosPort Print C4570
ApeosPort-VII CP4422
ApeosPort-VII CP3322
DocuPrint C3550 d
DocuPrint C2550 d
ApeosPort 4570 / 3570
ApeosPort 3060 / 2560
ApeosPort 1860
ApeosPort-VII 5022
ApeosPort-VII P4022

(2)動作環境

・以下のMicrosoft SQL Server Expressに対応しました。
Microsoft SQL Server 2019 Express(64ビット)

(3)機能追加

・配信処理のファイル保存について、DocuWorksがインストールされている環境でのDocuWorks形式保存に対応しました。

 
※ DocPoem を使用する場合は、Ver1.3.15 以降のバージョンを使用してください。
※ EDPdriver EX帳票結合ツールを使用する場合は、Ver1.2.7 以降のバージョンを使用してください。
※ EDPdriver EX Server帳票結合ツールを使用する場合は、Ver1.1.6 以降のバージョンを使用してください。

Ver.1.8.7

(1)動作環境

・以下のMicrosoft SQL Server Expressに対応しました。
Microsoft SQL Server 2019 Express(64ビット)

(2)性能改善

・外部アクセスバージョン「V5」に対応
ApeosPort-VIIシリーズ以降に搭載しているWEBサービスの外部アクセスバージョン「V5」に対応しました。
※ApeosPort-VIIシリーズ以降の複合機でSafetyFAXをお使いいただく場合、複合機のキーボードから文字を入力する際は「確定」ボタンでの入力文字確定後も含めて、キーボードの「完了」ボタンは使用せず、キーボードを非表示にした後に、SafetyFAX画面内のボタンを押してください。キーボードの「完了」ボタンを使用すると、SafetyFAXが意図しない動作を行う場合がございます。