オフィス系業務推進ソリューション

DocWays SafetyFAX

Apeos連携によるDocWays
FAX送信ソリューション・ソフトウェア

機能紹介

■ 紙データ、電子データを同じ操作で複合機やクライアントPCからセキュリティを付けてFAX送信

紙文書、電子ファイルを入力とするドキュメントのFAX送信を実現します。
紙文書は複合機のWeb画面からの操作で実現し、また電子ファイルはクライアントPCからWebブラウザからの操作で実現できます。
宛先情報、ログイン認証情報などをサーバーで一括管理するのでセキュリティも安心です。勝手なFAX送信は許しません。

■ FAX誤送信を抑止

承認者を設けることができます。承認者の承認なしではFAX送信を行えない仕組みを構築できるので、誤ったドキュメントの送信や誤った宛先への送信を抑止することができます。
承認者は、クライアントPCからでも複合機のWeb画面からでも変わらない操作で承認行為が可能です。承認時には送信ドキュメントの内容をビューイング*1 することも可能です。
承認者への承認依頼をメールで自動通知する手段もあるため、スピーディな承認が可能です。また、承認代行者を設けることにより、承認者不在時の対応も可能です。
*1 複合機からのFAX送信および、クライアントPCからDocuWorks形式ファイルをFAX送信したとき

■ さまざまな運用環境を構築可能

宛先などの情報を一括管理しつつ、素早いFAX送信を実現することもできます。例えば、ユーザーログイン、承認処理をスキップし、宛先選択のみでダイレクトにFAX送信を行うことも運用によっては可能です。
このような場合でも処理のログは残すことが可能です。さらに、実際に送信した文書も残す*2 ことが可能です。
また、Active Directoryと連携してのログイン、宛先の選択はユーザーの所属する部門の宛先のみに限定、なおかつ承認者の承認を得て始めてFAX送信を実行する、といった運用も可能です。さらに宛先の選択は、ダイレクトなFAX番号の指定、宛先コードの指定といった操作は許さずに、自身の部門限定の宛先選択のみといった制限を加えることもできます。
*2 文書の保存はDocWays側の設定で実現可能

■ サーバーへの環境設定のみで運用可能

サーバーへのインストール、情報の設定を行うことで直ぐに運用が可能です。
複合機にはサーバーのURLを登録するのみで始められます。また、クライアントPCでは、WebブラウザでサーバーのURLを指定するのみでFAX送信が実現できます。

■IC Cardによる認証

IC Card GateにIC Cardをかざすだけで、FAX送信の操作に入れる運用が可能です。
複合機に接続されたIC Card GateにICカードをかざすことでユーザー認証を行い、SafetyFAXへのログインを行うことなくスピーディにFAX送信の操作を実現できます。

DocWaysは、エイセル株式会社の登録商標です。
Microsoft および Active Directoryは、米国Microsoft Corporationの、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
DocuWorksは、富士ゼロックス株式会社の商標です。
その他記載されている会社名・製品名は、各社の登録商標または商標です。

このページの先頭へ

ユーザー専用ページを閲覧するには、ログインして下さい。