「EDPdriver EX」タグアーカイブ

Ver.1.0.2

(1)動作環境

・以下のOSに対応しました。
Microsoft(R) Windows(R) 7

(2)機能追加

・加工 – 封入封緘マーク印字ユニットで、封入封緘マークを印字するページの指定が可能になりました。
・配信 – ファイル保存ユニットで、複数階層のサブフォルダを作成できるよう機能を追加しました。
・ワイルドカード指定によるキーワード抽出を行う場合、抽出したキーワード中の半角スペース文字の削除を選択できるよう機能を追加しました。
・配信ユニットで配信可能なページの指定ができるよう機能を追加しました。
・配信ユニットでネットワーク上の共有フォルダにファイルを保存する場合に、フォルダアクセスのためのユーザー名、パスワードを指定可能にしました。

(3)性能改善

・プリンタの作成を行った別のユーザーが、プリンタの印刷設定画面を一度も開かずに印刷を行うとルールの読み込みに失敗する問題に対応しました。
・配信 – 印刷ユニットで「認証情報設定しない」が設定されている場合は、プリンタドライバに設定されている認証情報を使用するように対応しました。
・Ver1.0.0A以前のEDPdriver EXで作成していたフォームおよびルールが、Ver1.0.1のEDPdriver EXで使用できなくなっていた問題に対応しました。

Ver.1.0.1

(1)機能追加

・ワイルドカード指定によるキーワード抽出を行う場合、検索範囲の矩形が選択されていれば、開始文字列、終了文字列を省略することもできるようになりました。
・配信 – 印刷ユニットで、排出先の指定が可能になりました。

(2)性能改善

・配信 – ファイル保存ユニットで、DocuWorks(TM) 形式での保存を行う場合のファイル名の設定を、保存先のフォルダ上では行わないよう変更しました。
・矩形範囲を指定したキーワードの抽出において、データの内容によっては矩形の範囲外にある文字列も抽出されてしまっていた問題に対応しました。
・Windows Vista(R) 上で、特定のユーザーからは配信の実行ができなかった問題に対応しました。
・配信 – 印刷ユニットでフォームオーバーレイユニットを無効にした場合、以降の配信ユニット全てでフォームオーバーレイユニットが無効になってしまう問題に対応しました。
・ACEL EDPdriver EXプリンターに出力する際の原稿サイズと出力用紙サイズが異なる場合に、印字位置補正ユニットやフォームオーバーレイユニットの設定が正しく反映されない問題に対応しました。
・帳票結合ツールを使用して適用するルールに、封入封緘マーク印字ユニット、フォームオーバーレイユニットが含まれている場合、フォームオーバーレイされるべきページにフォームオーバーレイされない場合がある問題に対応しました。

※DocPoem を一緒に使用している場合は、DocPoem Ver1.2.0B 以上を使用してください。

Ver.1.0.0A

(1)性能改善

・印刷時に描画されない文字が、キーワードとして抽出されてしまう問題に対応しました。
誤って抽出されていた文字をルール上で使用していた場合、現在使用しているルールが使用できなくなることがありますのでご注意ください。
・Ver6.0 未満の DocuWorks(TM) がインストールされている場合、ファイル保存ユニットで DocuWorks形式が選択できない問題に対応しました。
・ファイル保存ユニットでファイル保存する場合に、一部の文字が化けてしまう問題に対応しました。