オフィス系業務推進ソリューション

DocPoem

ビューイング&簡単印刷ソフトウェア

概要

簡単操作で、オフィスユーザーの印刷コストの低減、出力作業の生産性向上、効率化を支援します。

■簡単な操作

ビューイング&簡単印刷ソフトウェア「DocPoem」なら...

●簡単操作で印刷イメージを画面で確認
今まで慣れ親しんだ印刷操作、つまり、プリンタを選択し印刷開始する操作で、画面に印刷イメージが表示されます。 ここで、色々な印刷設定を簡単ボタン操作で設定できます。もちろん、すぐに新しい印刷設定を施した印刷イメージを ビューイングします。さらに、DocPoemの画面に印刷したいファイル、フォルダ、圧縮文書をDrag&Dropすることでも即座に 印刷イメージのビューイング、印刷設定の変更、印刷を実現します。
●面倒な印刷設定を簡単に
各種設定ボタンにより面倒な設定をボタン操作で簡単設定できます。もちろん、すぐに結果を画面でビューイングできます。 各種設定を新しくボタンに登録することができるので、次回から1ボタンクリックで複雑な設定も簡単操作できます。
●資源を有効に活用します。
印刷済みのドキュメントを再利用することができます。
再度の印刷はもちろん、再編集、ドキュメントの追加、削除も簡単操作で実現します。
●印刷業務の生産性向上、効率化のための付加機能を提供
複数ドキュメントを1つのドキュメントとして連続して印刷することが可能。プリンタの状態を視覚的に表示しているので 瞬時に適切なプリンタを選択できます。分散印刷などの高機能も提供します。印刷途中でエラーが発生しても代行プリンタ で引き続き印刷できます。

■主な機能

01|ファイル操作

○印はDocPoemで利用できる機能です。
※DocPoem Professionalでは、すべての機能が利用できます。

DocPoem Image Driverから印刷 ・アプリケーションの印刷からDocPoem Image Driverを選択
→印刷を開始することで取り込む。
アプリケーションファイル取り込み ファイルを開く ・Windows(R) の[ファイルを開く]メニューからアプリケーションファイルを選択し取り込む。
・アプリケーションファイルの他、書庫ファイル、メール添付文書も
ドラッグ&ドロップ ・エクスプローラーからDocPoemの画面にアプリケーションファイルをドラッグ&ドロップで取り込む。
・WEBブラウザにてファイル選択ドラッグ→ドロップした場合、該当ファイルをダウンロードして取り込むことができる。
APSファイル取り込み ファイルを開く ・Windows(R) の[ファイルを開く]メニューから、APSファイルを選択し取り込む。
ドラッグ&ドロップ ・エクスプローラーからDocPoemの画面にAPSファイルをドラッグ&ドロップで取り込む。
フォルダ取り込み フォルダの選択 ・[フォルダの選択]メニューからフォルダを指定する事で配下のファイルを取り込める。
ドラッグ&ドロップ ・エクスプローラーからDocPoemの画面にフォルダをドラッグ&ドロップで取り込む。
保存 編集保存 ・編集中のレイアウトイメージをキャビネットに保存する。
名前を付けて保存 ・編集中のレイアウトイメージをAPSファイル形式で任意の場所に保存する。
印刷後保存 ・印刷実行後、キャビネットに自動保存する。
フォーム登録 ・編集中のレイアウトイメージをフォーム文書として保存する。
プロパティ ・用紙情報(サイズ/枚数)を表示する。

このページの先頭へ

02|印刷
基本印刷 通常印刷 ・通常の印刷を実行する。
セキュリティプリント ・セキュリティプリントを実行する。
認証情報の設定 ・印刷時のユーザー認証に関する設定を行う。
拡張印刷 分散印刷 ・プリンタの空き状況から印刷するプリンタを自動選択する。
・部数による分散とページ数による分散の選択が可能。
優先印刷 ・プリンタの空き状況から印刷するプリンタ1台を自動選択し、そのプリンタで印刷を実行する。
複数同時印刷 ・同一ジョブを複数のプリンタへ同時出力する。
代行印刷 ・プリンタ障害などが発生した場合、他のプリンタからの再印刷を実行する。
・ジョブ単位/部単位/ページ単位での代行印刷が可能。
03|プリンタ管理
物理プリンタ 自動生成 ・Windows(R) プリンタアイコンがサポート対象機種の場合、同一ドライバモデルでかつ、出力先が同じである複数のプリンタアイコンをまとめて表示する。
給紙トレイ情報 ・デバイスの給紙トレイ構成(用紙サイズ/残量など)を表示する。
名前の変更 ・物理プリンタの名前を変更する。
プロパティ ・作成した物理プリンタの出力先環境や通信設定を変更できる。
・デバイスオプションに合わせて物理プリンタの最適化を実行する。
自動更新 ・Windows(R) 上でプリンタが追加/削除/変更された状況に合わせて、選択可能な物理プリンタを自動更新する。
・指定した印刷属性に合わせて、使用できないプリンタは選択不可にする。
仮想プリンタ 追加 ・物理プリンタ、およびWindows(R) プリンタアイコンを組み合わせて、任意の出力先環境や出力方法を構築できる。
名前の変更 ・仮想プリンタの名前を変更する。
削除 ・仮想プリンタを削除する。
プロパティ ・作成した仮想プリンタの出力先環境や出力方法を変更できる。
自動更新 ・Windows(R) 上でプリンタが追加/削除/変更された状況に合わせて、仮想プリンタを自動更新する。
・指定した印刷属性に合わせて、使用できないプリンタは選択不可にする。(サポート対象機種の場合)
プリンタビュー 一覧表示 ・物理プリンタ/仮想プリンタを一覧形式で表示する。
・サポート対象機種の場合、デバイスの使用状況や性能を表示する。
アイコン表示 ・物理プリンタ/仮想プリンタをアイコン形式で表示する。
・サポート対象機種の場合、デバイスの使用状況やジョブ件数を表示する。
最新の情報に更新 ・物理プリンタ/仮想プリンタの使用状況や印刷の可否を最新の状態に更新する。
04|ジョブ管理(ジョブモニター/結果通知)
印刷状況のモニタリング ・印刷実行〜完了までのジョブ実行状況をモニタリングする。
印刷中断 ・印刷の実行を中断する。
ポップアップ通知 ・印刷結果をポップアップ画面に表示する。

このページの先頭へ

05|文書管理(キャビネット)
印刷イメージ文書管理 ・編集中に一時保存したレイアウト編集イメージ文書、および印刷実行時の印刷イメージ文書を管理する。
フォーム元文書管理 ・フォーム登録した文書を管理する。
再編集 ・キャビネット内にある文書を再度、DocPoem内に取り込み編集可能とする。
再印刷 ・キャビネット内にある文書を再度印刷する。
06|出力履歴管理(ログ)
ログ出力 ・印刷結果をログ出力する。
再編集 ・ログの内容を元に文書を再度、DocPoem内に取り込み編集可能とする。
再印刷 ・ログの内容を元に再印刷を実行する。
エクスポート ・ログの内容を外部ファイルに出力する。
07|基本
部数 ・印刷する部数を指定する。
丁合い ・複数ページからなるファイルを部単位で印刷する。
出力用紙サイズ ・印刷で使用する用紙サイズを指定する。
カラーモード ・カラーモード(自動/白黒)を指定する。
両面印刷 ・両面印刷の有無を指定する。
まとめて1枚 ・連続する複数ページの原稿を1枚の用紙にまとめて印刷する。
枠線 ・原稿の境界線を印字するかどうかを指定する。
08|仕上げ
給紙トレイ ・印刷で使用する用紙トレイを指定する。
オフセット排出 ・オフセット排出を行うかどうかを指定する。
ホチキス ・ホチキスの有無、ホチキスの止め位置を指定する。
パンチ ・パンチの有無、パンチの穴空け位置を指定する。
紙折り ・紙折りの有無、紙折りの種類を指定する。
合紙 ・合紙(白紙)を挿入するかどうかを指定する。
小冊子印刷 ・複数枚の原稿を、中とじ用に順序を変えて印刷する。
コピー印刷 ・用紙に原稿イメージを指定した回数分繰り返してコピー印刷する。
ダブルコピー ・1枚の原稿を指定した枚数に合わせ、用紙を均等分割したエリアに繰り返してコピー印刷する。
カタログ印刷 ・定型のカタログイメージに合わせて印刷する。
09|編集
倍率 ・印字倍率を指定する。
余白 ・複数ページからなるファイルを部単位で印刷する。
プリント位置 ・印刷位置を指定する。
とじしろ ・カラーモード(自動/白黒)を指定する。
ヘッダーフッター印刷 ・ヘッダー/フッターを印刷する。
フォームオーバーレイ印刷 ・フォーム文書を重ね合わせて印刷する。
スタンプ印刷 ・スタンプを重ね合わせて印刷する。

このページの先頭へ

10|テンプレート
テンプレート ・定型の印刷設定をテンプレートとして予め保存し、メニューから選択することで簡単に印刷設定ができる。
エクスポート ・作成したテンプレートを任意の場所に保存する。
インポート ・他のPC上でエクスポートしたテンプレートファイルを読み込み利用できるようにする。
ツールバー登録 ・作成したテンプレートをツールバーに登録する。
11|簡単印刷
標準 ・標準の印刷属性に戻す。
用紙裁断 ・用紙裁断レイアウト
2アップ両面印刷 ・2アップ両面印刷
小冊子印刷/中とじホチキス ・小冊子印刷/中とじホチキス
両面印刷/ホチキス ・両面/ホチキス左1箇所
12|レイアウトビュー
ツリー表示 ・印刷レイアウトをツリー形式で表示する。
表示形式 ・レイアウト構成の全体表示/簡易表示の切り替えを行う。
インポート ・他のPC上でエクスポートしたテンプレートファイルを読み込み利用できるようにする。
マウスドラッグによる移動/コピー ・選択対象をマウスでドラッグ&ドロップし移動/コピーを行う。
印刷原稿 ・レイアウト編集のイメージとして各印刷元原稿の単位で表示する。
用紙イメージ ・レイアウト編集のイメージとして用紙1枚(表/裏)のレイアウトイメージで表示する。
表示形式 ・1枚ずつでの表示/複数枚数における連続表示の切り替えを行う。
仕上がりイメージ ・プリンタへの出力イメージを表示する。
13|レイアウト操作(共通)
選択 選択対象切り替え ・選択対象(操作対象)を文書/セクション/用紙/面/原稿に切り替える。
ページ送り選択 ・先頭/最終/前後のページ/ジャンプ指定により選択対象を切り替える。
編集 コピー ・選択範囲をコピーして保存する。
切り取り ・選択範囲を切り取って保存する。
貼り付け ・選択先にコピー、または切り取った内容を貼り付ける。
削除 削除 ・選択対象を削除する。
セクション削除 ・選択したセクションを削除し1つのセクションにする。
元に戻す ・前回の操作を元に戻す。
やり直し ・元に戻した操作をやり直す。
挿入 改ページ ・選択した原稿を次の用紙(または面)に改ページする。
白紙原稿挿入 ・選択した位置に白紙の原稿を挿入する。
白紙挿入 ・選択した位置に白紙(用紙)を挿入する。
セクション挿入 ・選択した位置にセクションを挿入する。
表示
(ツリービュー除く)
ズーム ・ズームイン/ズームアウト/任意倍率指定によりレイアウトビューを拡大/縮小表示する。
ウィンドウに合わせて表示 ・倍率100%表示、およびウィンドウの幅や領域に合わせて表示する。
文書名の変更 ・文書名を任意の名前に変更する。

 

DocPoemは、エイセル株式会社の登録商標です。
Microsoft および Windowsは、米国Microsoft Corporationの、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
その他記載されている会社名・製品名は、各社の登録商標または商標です。

このページの先頭へ

ユーザー専用ページを閲覧するには、ログインして下さい。