基幹業務推進ソリューション

FX-SMST

ホストコンピュータのフォーム/オーバーレイを
富士ゼロックス(株)製のプリンタで。

機能紹介

■ ホストメーカーのオーバーレイソースを変換

ホストメーカー各社(IBM・日立・富士通・日本電気)のオーバーレイソース(OGL・FOG・ADJUST・FORMEX)を読み込み、設定された変換パラメ―タにより、富士ゼロックス(株)製プリンタのオーバーレイソース(FDL-プリンタのフォームを作成する言語)を生成し、フォームを画面に表示します。

■ フォームとデータの合成

電子帳票ソフトウェアFXDocVを追加することにより、PC画面上にフォーム・オーバーレイと印刷データを合成して表示する等の電子帳票システムを構築することもできます。

■ PCに接続されたプリンタで、フォームや合成結果を印刷

生成したオーバーレイと分散印刷ソフトウェアFX/Dios、FX/Dios-Cを組み合わせることにより、ホストコンピュータからのEDP出力を富士ゼロックス(株)製プリンタ(LaserPress・Able Printer・DocuCentre Printer)を用いて出力することができ、手軽にレイアウトの確認ができます。

■ センタープリンタでの使用も可能

FX-SMSTで変換したオーバーレイは、富士ゼロックス(株)製のセンタープリンタで使用することも可能で、将来の出力環境のアップグレードにも対応ができます。
 

記載されている会社名・製品名は、各社の登録商標または商標です。

このページの先頭へ

ユーザー専用ページを閲覧するには、ログインして下さい。