基幹業務推進ソリューション

FX-SMST

ホストコンピュータのフォーム/オーバーレイを
富士ゼロックス(株)製のプリンタで。

概要

ホストメーカー各社のセンタープリンタ(ホストコンピュータ用大型プリンタ)用のオーバーレイ、あるいはフォームと呼ばれる書式定義を、富士ゼロックス(株)製のセンタープリンタ(大型プリンタ)のオーバーレイへ変換することができます。

変換したフォームはFX-SMST上で修正することができます。また、FX-SMSTで変換したフォームと印刷データを合成して画面に表示したり印刷したりできます。

■ 主な機能

オーバーレイ・ソース変換
変換対象オーバーレイ IBM(OGL) / 富士通(ADJUST) / 日立(FOG) / 日本電気(FORMEX)
オーバーレイ・ソースファイル形式 80バイト固定長(CRLFなし)、コード: EBICDIC
変換パラメータ FSL命名規則 / FDLコンパイルモード / GENERIC / FDL単位 / グリッドサイズ / 用紙サイズ / 用紙方向 / フォームオリジン / 網掛け対応 / 線種対応 / 線幅対応 / フォント対応 / 図形対応
変換パラメータの読み込み / 保存 設定済みパラメータの読み込み、保存
一括変換 同一変換パラメータによる一括変換
その他 システム定義の設定(フォーマット / フォント / ロゴ / タイル / グラフィック)
フォーム編集
フォームパラメータ設定 グリッドサイズ / 用紙サイズ / 用紙方向 / フォームオリジン等
フォーム図形編集 フォーム上の図形の編集
フォーム印刷 変換後のフォームや編集中のフォームの印刷
フォームと印刷データの合成
印刷データ形式設定 コード体系 / 印刷データの位置と長さ / ホストデータタイプ / 漢字コード / PCCタイプ / 印刷データのファイル形式
印刷情報の設定 JDL名 / LPIの設定 / VFUの設定 / 両面・片面印刷 / ブランク文字形式 / フォーマット
印刷情報の読み込み / 保存 設定済み印刷情報の読み込み、保存
合成表示 フォームと印刷データを合成して表示
合成印刷 フォームと印刷データを合成して複数ページの印刷
その他 簡易JSLファイルの書き出し / ARTフォームファイル書き出し / JDLテーブル情報ファイル書き出し

このページの先頭へ

ユーザー専用ページを閲覧するには、ログインして下さい。