ドキュメントアプリケーション開発用キット

PSLAD

多機能プリンタ/複合機を活用した業務
アプリケーションプログラム開発を支援します。

機能紹介

「PSLAD」は、独自の業務アプリケーションに合わせた印刷を行うときに、プリンタドライバの
ダイアログを介することなく直接プリンタドライバの印刷設定ができるAPI群を提供するライブラリです。
これらAPI群のインターフェイスはOSに依存していないため、異なったWindowsのプリンタドライバを
使用する場合でも同じ呼び出しで機能を実現することが可能です。
「PSLAD」の基本的な機能は、プリンタドライバのプロパティー上の各種設定項目に対し、ライブラリを
使用して直接操作することです。

■ 用紙タブ項目の取得設定

用紙レイアウト関連情報の取得設定を可能にします。
(原稿サイズ、出力サイズ、Nup指定、両面印刷、給紙/排紙方法等)

■ グラフィックスタブ項目の取得設定

グラフィックス関連情報の取得設定を可能にします。
(原稿サイズ、出力サイズ、Nup指定、両面印刷、給紙/排紙方法等)

■ フォントタブ項目の取得設定

フォント関連情報の取得設定を可能にします。
(フォント形式、TrueTypeフォント、特殊設定等)

■ フォームタブ項目の取得設定

フォーム関連情報の取得設定を可能にします。
(フォーム作成・登録等)

■ デバイス項目の取得設定

デバイス構成情報の取得設定を可能にします。
(両面ユニット・給排紙ユニット等)

■ FAX項目の取得設定

FAX情報の取得設定を可能にします。
(送信宛先・送信シート等)
 

Microsoft および Windowsは、米国Microsoft Corporationの、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
その他記載されている会社名・製品名は、各社の登録商標または商標です。

このページの先頭へ

ユーザー専用ページを閲覧するには、ログインして下さい。