よくある質問

オフィス業務推進ソリューション

DocPoem

「ACEL DocPoem Image Driver」について 

DocPoemあるいは、DocPoem Professionalをインストールすると、Windows(R) のプリンタとして”ACEL DocPoem Image Driver”が生成されます。このプリンタの削除や、プリンタ名の変更を行った場合、DocPoemあるいは、DocPoem Professionalの動作は保証できません。また、”ACEL DocPoem Image Driver”をWindows(R) のネットワークプリンタとして使用することはできません。”ACEL DocPoem Image Driver”はクライアントPC上のローカルプリンタとして使用した場合においてのみ動作を保証します。

ユーザー定義用紙サイズの使用に関する注意事項について 

DocPoemに取り込んだ原稿に、“ACEL DocPoem Image Driver”がサポートしている定型サイズ以外の原稿サイズが含まれている場合、取り込んだイメージの編集操作はできません。
また、DocPoemから印刷可能なプリンタも制限されます。

使用するプリンタの事前確認について 

DocPoemでは、現在のプリンタ環境によってサポート可能な機能を決定します。使用するプリンタに対して、事前に以下について確認する事を強く推奨します。

  • プリンタの電源をオンにする。
  • SNMPエージェントが起動中であることを確認する。
  • サポート対象の最新のプリンタドライバを使用する。

その他、プリンタへのアクセス権の確認やネットワーク環境の確認を行ってください。

ネットワークプリンタ、他社製の機種、サポート対象外機種についての機能制限事項について 

ネットワークインストールしたプリンタ、他社製の機種および、サポート対象外の機種について制限となる機能を以下に説明します。

1. 印刷結果の制限
プリンタドライバに対して、印刷属性項目の設定ができないため、期待した印刷結果が得られない場合があります。

  • 部数
  • 丁合い
  • 原稿サイズ
  • 用紙の向き
  • 両面印刷

また、以下の印刷設定機能はプリンタドライバを操作しないと実現できない機能であるため無効となります。

  • 出力用紙サイズの変更
  • 給紙トレイの変更
  • 合紙の給紙トレイの選択
  • オフセット排出
  • ホチキス
  • パンチ
  • 紙折り
  • セキュリティプリント
  • 認証情報の設定

サポート対象外の機種から印刷を実行する場合は、「期待した印刷結果が得られない場合がある。」旨のメッセージが表示されます。

2. プリンタ制御に関連する機能の制限
出力プリンタの制御(取得/設定)ができないため、以下の機能は無効となります。

  • 物理プリンタとしての表示
  • 印刷設定変更に伴う自動更新
    →指定した印刷属性に合わせて、使用できないプリンタは選択不可にする機能です。
  • プリンタの状態/オプションなどの表示
  • ジョブ実行状況のモニタリング/印刷結果の通知
  • 分散印刷
  • 優先印刷
  • 代行印刷

動作保証対象とする機種であっても、ネットワークプリンタの場合は、同様の制限が発生します。(クライアントPC上のローカルプリンタとして使用した場合においてのみ動作を保証します。)

デバイスの性能と印刷設定に関する制限事項について 

サポート対象機種において、プリンタドライバのオプション構成を取得することで、指定した印刷設定が、実際に印刷可能かどうかを判断します。ユーザーが指定した印刷設定では印刷できない機種に対して、機種の選択を不可とし印刷の実行に制限を設けています。以下の印刷設定機能が該当します。

  • 丁合い(丁合い可能なプリンタかどうか)
  • 両面印刷(両面ユニットありかどうか)
  • 給紙トレイと出力用紙サイズ(給紙トレイ構成を取得することで指定した用紙が印刷可能かどうか判断)
  • オフセット排出(オフセット排出可能か)
  • ホチキス/パンチの有無、ホチキス/パンチの位置(ホチキスやパンチが実現できるフィニッシャーが指定されているかどうか)
  • 紙折り(紙折りが実現できるフィニッシャーや関連オプションが指定されているかどうか)
  • 小冊子印刷/カタログ印刷(両面ユニットありかどうか)

ただし、カラーモードに関しては、”カラーで出力する”が指定された場合でも、モノクロ機への出力を許可します。

白紙印刷についての制限事項について 

以下の印刷設定において手動、または自動で白紙原稿や用紙を挿入する機能を提供しています。

  • 用紙ごとに両面、片面の指定が可能であり、両面と片面が混在する場合、片面で印刷する用紙の裏面を白紙にします。
  • 合紙挿入
  • 白紙挿入

白紙の印刷を保証するために、サポート対象機種では、プリンタドライバの[白紙節約]→”白紙節約しない”を設定後、印刷を実行します。この注意事項は、DocPoem Professional版で発生します。DocPoemの場合は、プリンタドライバの[白紙節約]はプログラムでは操作せず、プリンタドライバの設定値が有効となります。ただし、[白紙節約]→”白紙節約する”が指定された場合、期待した印刷結果が得られない可能性があるため、印刷実行前に「期待した印刷結果が得られない場合がある。」旨のメッセージを表示します。

分散印刷、優先印刷に関する制限事項について 

分散印刷、および優先印刷は、「物理プリンタ」で構成される「プリンタグループ」においてのみ指定可能です。「プリンタグループ」に「論理プリンタ」が含まれている場合は、指定できません。

代行印刷に関する制限事項について 

代行印刷は、「物理プリンタ」に対してのみ指定可能です。「プリンタグループ」では指定できません。(代行印刷は、「物理プリンタ」から直接印刷を実行した場合のみ有効です。)

印刷結果に関する制限事項 

DocPoemから印刷した結果が、アプリケーションの印刷プレビューやアプリケーションから直接印刷した結果と異なる場合があります。
これらの原因および、その対処方法について説明します。

(1)プリンタフォントが正しく出力されない。

  • 文書中にプリンタフォントが存在する場合、プリンタフォントが正しく出力されない場合があります。文書中にプリンタフォント指定の文字列が存在する場合、その文字列はアプリケーション側で何らかのフォントに置換され印刷されます。
  • プリンタフォントを使用して印刷する場合には、文書中ではTrue Typeフォントを選択し、印刷で使用するプリンタドライバ側でフォント代替を指定してください。

(2)文書ファイルとアプリケーションのバージョン差異により、印刷結果が異なる。

  • 文書ファイルを作成したアプリケーションと印刷を実行するアプリケーションのバージョンが異なる場合、文書中の設定状態が無効となることがあります。
  • このような現象が発生した場合には、一旦、印刷するアプリケーションのバージョンで文書ファイルを更新→保存後、再度印刷を行ってください。

(3)罫線が強調して描画される。

  • DocPoemの罫線補正機能により、文書中の罫線が強調して描画される場合があります。
  • このような現象が発生した場合には、メニューバーから[イメージ]-[罫線補正]メニューを選択し、罫線補正機能を解除してください。

 ※印字品質等に関して問題が生じた場合は、お手数ですが弊社までお問い合わせ願います。

(4)イメージが白紙で描画される。/描画したイメージに線が入る。
(Professional版のみ)

  • 印刷する文書の内容によっては、白紙で描画されてしまったり、描画したイメージに線が入ってしまう場合があります。
  • このような現象が発生した場合には、メニューバーから[イメージ]-[プロパティ]メニューを選択し「印刷属性」ダイアログを開き、[原稿]タブの[画質補正]ボタンから「画質補正」ダイアログを開いて、画質補正機能を有効にしてください。
Windows Vista(R) 上で使用する場合の注意/制限事項 

以下の機種で、「物理プリンタプロパティ」ダイアログの「プリンタ一覧」タブの「最適化」機能を使用する場合は、[管理者として実行]でDocPoemを起動してください。
タスクトレイ内も含め、管理者以外のユーザーで既に起動しているDocPoemがある場合は、必ず終了させてから[管理者として実行]でDocPoemを起動しなおしてください。

  • DocuCentre 402 / 352
  • DocuCentre 230 / 280
1 / 212

このページの先頭へ

ユーザー専用ページを閲覧するには、ログインして下さい。