よくある質問

基幹・オフィス業務推進ソリューション

EDPdriver EX Server

使用するアプリケーションに関する制限事項 

ACEL EDPdriver EX Serverプリンターにデータを出力するアプリケーションは、WindowsのGDI描画命令で出力イメージを描画してください。それ以外のデータはEDPdriver EX Serverではサポートしていません。

クライアントからの印刷に関して 

共有プリンターを作成するためにサーバーへ接続する場合、ビルトイン管理者で接続を行ってください。ビルトイン管理者以外で接続を行った場合、印刷できません。
接続時は「Windowsのセキュリティ」画面において「資格情報を記録する」にチェックを入れてください。また、記録した資格情報はコントロールパネルの資格情報マネージャーから編集することが可能ですが、編集は行わないでください。
※「資格情報を記録する」にチェックを入れない場合や、「資格情報を記録する」にチェックを入れた結果として記録した資格情報を、コントロールパネルの資格情報マネージャーから、不正な情報や管理者権限を持たないアカウントに変更した場合、再接続時に資格情報の再入力が必要となります。
また、印刷を行う場合は一度印刷設定画面を開いて[適用]または[OK]ボタンで閉じた後、行ってださい。
この操作を行わない場合、クライアントPCからの印刷であることが判定できないため、正しく印刷できません。

プリンターデバイスの性能と印刷設定に関する制限事項 

EDPdriver EX Serverは、印刷ユニットで指定された印刷属性の設定をWindowsプリンターアイコンに対して行います。
指定された印刷属性が、プリンター/複合機で再現できない場合、属性が無視されたり、プリンター/複合機上でエラーとなって印刷されない場合があります。
このような場合は、印刷ユニットに設定している印刷属性と同じ設定を、使用するWindowsプリンターアイコン上でも設定できるか確認してください。
プリンター/複合機上で発生したジョブエラーの内容は、プリンター/複合機のジョブ履歴レポートで確認することができます。

印刷結果に関する制限事項 

EDPdriver EX Serverから印刷した結果が、アプリケーションの印刷プレビューやアプリケーションから直接印刷した結果と異なる場合があります。
これらの原因および、その対処方法について説明します。

(1)特定のフォントが文字化けする。

  • 共有公開されたEDPdriver EX Serverプリンターに対してクライアントPCから印刷を行う場合、クライアントPCにインストールされているフォントバージョンと同じバージョンのフォントがEDPdriver EX Serverがインストールされているサーバーにもインストールされていなければ、フォントが文字化けして印刷される場合があります。フォントが文字化けする場合、クライアントPCもしくはサーバーPCのフォントをバージョンアップし、新しい方のフォントに合わせるようにしてください。

(2)プリンターフォントが正しく出力されない。

  • 文書中で、プリンター本体に搭載されているフォント(プリンターフォント)を使用している場合、フォントが正しく出力されない場合があります。文書中にプリンターフォント指定の文字列が存在する場合、その文字列はアプリケーション側で何かのフォントに置換され印刷されます。
  • プリンターフォントを使用して印刷する場合には、文書中ではTrue Typeフォントを選択し、印刷で使用するプリンタードライバー側でフォント代替を指定してください。

(3)罫線が強調して描画される。

  • EDPdriver EX Serverの罫線補正機能により、文書中の罫線が強調して描画される場合があります。
  • このような現象が発生した場合には、環境設定ツールから[画質補正]タブの[罫線を補正する]チェックボックスをOFFに設定し、罫線補正機能を解除してください。

(4)イメージが白紙で描画される。/描画したイメージに線が入る。

  • 印刷する文書の内容によっては、白紙で描画されてしまったり、描画したイメージに線が入ってしまう場合があります。
  • このような現象が発生した場合には、環境設定ツールから[画質補正]タブの[画質を補正する]チェックボックスをONに設定し、画質補正機能を有効にしてください。

(5)イメージの端が切れて描画される。

  • ACEL EDPdriver EX Serverプリンターの印字可能領域(余白)の設定は、デフォルト各辺0.0mmとなっています。
  • 基幹システム(端末エミュレータ)などの余白を持たないアプリケーションから取り込んだデータを、印刷ユニットやDocuWorks形式でのファイル保存でWindowsプリンターアイコンに対して出力を行う場合、使用するWindowsプリンターアイコンの余白設定や倍率の設定を変更して、用紙に収まるよう調整しなければ、余白にかかる部分のイメージが切れた状態で出力されてしまいます。
  • 印字位置補正ユニットを使用して用紙に収めるよう調整することも可能です。
DocuWorksに関して 

ファイル保存ユニットで、DocuWorks形式での保存を使用する場合は、DocuWorks文書生成ツールをご使用ください。
なお、DocuWorks文書生成ツールは、Microsoft Windows Server 2012、Microsoft Windows Server 2012 R2の環境に対応していないため、この環境でDocuWorks形式での保存を行うことはできません。

オフセット排出に関する制限事項 

以下のプリンターでオフセット排出する場合は、印刷ユニットで「プリンターアイコンの規定値を使用する:チェックオン」に設定して、Windowsプリンターの[印刷設定]でオフセット排出を設定してください。

DocuPrint 340A

EDPdriver EX Serverをインストールする場合の注意事項 

EDPdriver EX ServerをWindows Server 2008 R2にインストールする場合、次の設定を行ってください。

(1)印刷に関するロールアップ更新プログラムの適用

(2)RPC通信方法の変更

DocWaysとの連携に関する制限事項 

(1)連携時のDocWays側の条件

  • DocWays FAX連携を行う場合、DocWaysがインストールされているPCにも、EDPdriver EX Serverをインストールする必要があります。
  • DocWaysの稼動PCにインストールするEDPdriver EX Serverと、DocWaysに配信するEDPdriver EX Serverは、同じバージョンのものを使用してください。

(2)同一PCでのDocWaysとの共用

  • DocWaysは、Windowsの”通常使うプリンター”を切り替えることで、印刷やFAX送信の機能を実現しています。DocWaysが稼働しているPC上に、Windowsの”通常使うプリンター”を使用して印刷を行うアプリケーション、またはシステムを設置しないでください。
  • EDPdriver EX Serverでは”通常使うプリンター”の切り替えは行いませんので、同一PC内でのDocWaysとの共用に問題はありません。
印刷時の認証情報設定に関する制限事項 

EDPdriver EX Serverでは、印刷時に認証情報を変更して印刷を行うことができます。
この機能を使用する場合の注意制限事項について説明します。

(1)認証情報設定に必要なユーザー権限

  • 認証情報の設定を行う場合、Administrator権限を持つユーザでログインした状態で、EDPdriver EX Serverを使用していただく必要があります。
  • それ以外のユーザーで使用する場合は、Administrator権限を持たないユーザーでも認証情報の変更を行えるよう、使用するプリンタードライバーの設定を事前に変更しておいてください。

(2)認証情報設定時のパフォーマンス

  • 認証情報の設定を行う場合、複数のジョブを連続して印刷すると、認証情報の設定を行わない場合に比べてパフォーマンスが低下することがあります。

(3)認証情報の設定競合

  • 認証情報の設定を行う場合、認証情報の設定は使用するWindowsプリンターアイコンの既定値に反映されるため、他のシステムから同時に印刷を行うと、その出力結果にはEDPdriver EX Serverが設定した認証情報が反映されてしまいます。
DocuWorks利用に関する制限事項 

(1)DocuWorksの対応バージョン

  • DocuWorks形式を選択してファイル保存を行うには、SE-BzObjects DocuWorks文書生成ツール 1.0 (以降 DocuWorks文書生成ツール)がインストールされている必要があります。

(2)DocuWorks使用前の準備

  • DocuWorks形式を選択してファイル保存を行う場合、DocuWorks文書生成ツールのAPI方式のプリンターが作成されている必要があります。

(3)取り扱い可能なページ数

  • 印刷ユニットでDocuWorks Printerを使用してDocuWorks形式のファイルを作成する場合に出力可能なページ数は、DocuWorksの仕様に依存します。

このページの先頭へ

ユーザー専用ページを閲覧するには、ログインして下さい。