ダウンロード

アップデート一覧

■基幹業務推進ソリューション

FXPFG

2017.01.23
Ver.3.0.8をリリースいたしました
一覧へ戻る

FXPFG

バージョン
変更点
Ver.3.0.8
(2017/01/23)

・以下のOSに対応しました。

Microsoft(R) Windows(R) 10 (64ビット)
Ver.3.0.7
(2016/10/31)

・以下のOSに対応しました。

Microsoft(R) Windows(R) 10 (64ビット)にて動作することを確認しました。
Ver.3.0.7
(2015/09/28)

・以下のOSに対応しました。

Microsoft(R) Windows(R) 8 (64ビット)
Microsoft(R) Windows(R) 8.1 (64ビット)
Ver.3.0.6
(2014/03/14)

・以下のOSに対応いたしました。

Microsoft(R) Windows(R) 7 64ビット版にて動作することを確認しました。
Ver.3.0.6
(2013/06/03)

・Microsoft(R) Windows Vista(R) 以降のOSで起動した場合に、ご利用の環境によってはシステム定義ファイルの読み込みに失敗する問題に対応しました。

Ver.3.0.5
(2010/05/31)

・以下のOSに対応いたしました。

Microsoft(R) Windows Vista(R)
Microsoft(R) Windows(R) 7
にて動作することを確認しました。
Ver.3.0.1
(2006/03/24)

・フォーム・ソース・ファイル(FSL)の読み込み時に区切り文字を読み飛ばし、読み込みエラーとなってしまう不具合を修正いたしました。

Ver.3.0.0
(2005/06/13)

・DocuTech Highlight Colorシリーズのプリンタに対応いたしました。
・GUI・操作性を全面的に見直し、安定性を向上いたしました。
・作成したフォームをオフィスプリンタに直接印刷できるようになりました。
・ユーザー定義用紙とINVERSELANDフォントをサポートいたしました。

FXPFG/Win

バージョン
変更点
Ver.2.0.4
(2002/06/21)

・Microsoft(R) Windows(R) XPでの動作を確認いたしました。ただし、次の制限事項があります。

  1. 64バイトを超えるパスの読み込み/書き出しはできません。(FXPFG/Winで動作するその他OSも含む)
  2. CD-Rへの直接保存はできません。
  3. 新GUI(Luna)の表示はできません。

・IBMの漢字コードにおいて、アクセサリ「文字コード表」から「TEL」(1文字)をコピーして文字列入力ダイアログから貼り付け「了解」ボタンを押下すると、アプリケーションエラーとなる不具合を修正いたしました。

Ver.2.0.3
(1999/09/10)

・FXPFG/Winで出力したFDLソースファイルを再度読み込んだ際、単一に入力した文字列が2つの文字列に分割される不具合を修正いたしました。
・FXPFG/Winで出力したFDLソースファイルの読み込みでエラーが発生する不具合を修正いたしました。
(「!!」「##」「”」文字の間でステートメントが改行されるようなケースで発生しました)
・文字列と文字列の区切りの空白がファイル転送等で削除された場合に「”」文字と判定され、読み込み結果が不正となる不具合を修正いたしました。

Ver.2.0.2
(1997/05/06)

・FXPFG/Win Ver.2.0.1において、漢字コードにIBMを指定してIBM漢字フォント(KI24L,KI24Pなど)を使用して文字列作図を行ったフォームをFSLファイルに保存すると、作図した文字列の文字コードが’0000’として書き出されてしまう不具合を修正いたしました。
(Ver.2.0.1固有の障害)

Ver.2.0.1
(1997/03/17)

・FXPFG/Winで書き出すFSLファイルにファイルの終了を示すEOF(End Of File)コードを付加する/付加しないを起動時のコマンドライン・オプションで設定できるようにいたしました。

このページの先頭へ

ユーザー専用ページを閲覧するには、ログインして下さい。