ダウンロード

アップデート一覧

■オフィス系業務推進ソリューション

DocWays Ver2

2010.06.16
Ver.2.1.11をリリースいたしました
一覧へ戻る

DocWays Ver2

バージョン
変更点
Ver.2.1.11
(2010/06/16)

(1)性能改善

FAX送信時において、宛先(FAX番号)の先頭に外線発信番号(または、内線発信番号)が追加されずにFAX送信されることがある現象について改善いたしました。

以下の条件に該当する場合のみ、本現象が発生する可能性があります。
それ以外の運用では、この現象は発生いたしません。

・FAXドライバのプロパティ画面[初期設定]タブで、「外線の発信番号」または「内線の発信番号」を設定している場合で、かつ、
・DocWaysのユーザーカタログファイルを使用している場合、または
・DocWaysの宛先フォルダ設定画面にある[FAX送信先]タブにおいて、[FAX送信一覧を使用する]を指定した場合 ([FAX送信一覧]を使用したFAX送信を行う場合)

Ver.2.1.10A
(2006/12/01)

(1)性能改善

・ファイル変換機能の変換結果フォルダに、ネットワーク共有フォルダのルートフォルダを指定した場合、ファイル変換に失敗してしまう問題に対応しました。
Ver.2.1.10
(2006/06/20)

(1)対応機種(プリンタ)

・以下のプリンタに対応しました。
DocuCentre C2100
ApeosPort-II 4000 / 3000
DocuCentre-II 4000 / 3000

(2)性能改善

・ユーザカタログファイルに複数の文書ファイルが定義されている場合に、宛先フォルダへのファイルの置き方によっては、一部の文書ファイルが出力されずに宛先フォルダに残ってしまう問題に対応しました。
・DocWays AutoFAX for DocuWorksを使用したFAX送信で、ジョブモニターに送信済みのジョブ情報が残ってしまう問題に対応しました。
Ver.2.1.9A
(2006/02/14)

(1)性能改善

・宛先フォルダの設定内容によっては、以下のドライバを使用した場合にFAX送信ができない問題に対応しました。
FX DocuCentre Color 400 FAX
FX DocuCentre Color 320 FAX
FX DocuCentre Color 240 FAX
FX DocuCentre Color 160 FAX
FX DocuCentre 280 FAX
FX DocuCentre 230 FAX
FX DocuCentre 402 FAX
FX DocuCentre 352 FAX
Ver.2.1.9
(2006/02/10)

(1)対応機種(プリンタ)

・以下のプリンタに対応しました。
ApeosPort-II C4300 / C3300 / C2200
DocuCentre-II C4300 / C3300 / C2200
DocuPrint C3200 A
DocuPrint C5450

(2)性能改善

・FAXドライバのプロパティ画面[初期設定]タブにある[外線の発信番号][内線の発信番号]に設定した番号が無効になってしまう問題に対応しました。
この現象は以下のドライバを使用している場合に発生します。
FX ApeosPort C4535 I FAX
FX ApeosPort C3626 I FAX
FX ApeosPort C2521 I FAX
FX DocuCentre C4535 I FAX
FX DocuCentre C3626 I FAX
FX DocuCentre C2521 I FAX
FX DocuCentre Color f450 FAX(Ver2.5.32以降)
FX DocuCentre Color f360 FAX(Ver2.5.32以降)
FX DocuCentre Color f250 FAX(Ver2.5.32以降)
FX DocuCentre Color a450 FAX(Ver2.5.32以降)
FX DocuCentre Color a360 FAX(Ver2.5.32以降)
FX DocuCentre Color a250 FAX(Ver2.5.32以降)

 

・Microsoft(R) Windows Server(R) 2003に接続またはログインしているセッションの異なる複数のユーザーがDocWaysを起動した場合、Runtime Errorが発生してしまう問題に対応しました。
・ユーザーカタログファイルを使用した印刷およびFAX送信で、カタログに定義された順番通りに出力されない場合がある問題に対応しました。
Ver.2.1.8
(2005/10/31)

(1)動作環境

・Microsoft(R) Windows Server(TM) 2003 Service Pack 1 にて動作することを確認しました。
・Windows(R) ファイアウォールが有効な環境において、DocWaysを使用する場合の制限事項

(2)対応機種(プリンタ)

・以下のプリンタに対応しました。
ApeosPort C7550 I
DocuCentre C7550 I

(3)WEBブラウザのログ表示画面において、日付指定による検索機能を追加しました。

(4)FAX送信時における指定可能なFAX番号として以下の文字を追加しました。

/ : * ? < > | .

(5)性能改善

・ご使用になる環境によっては、エラー通知メールが送信されない問題について対応しました。
Ver2.1.7A
(2005/07/07)

(1)性能改善

・4台以上のプリンタを使用して分散印刷または分散送信を行うと、出力される総部数が異なったり、同一宛先に対して重複してFAX送信を行ってしまう問題について対応しました。
Ver.2.1.7
(2005/07/01)

(1)対応機種(プリンタ)

・以下のプリンタに対応しました。
ApeosPort C4535 I / C3626 I / C2521 I
DocuCentre C4535 I / C3626 I / C2521 I
Ver.2.1.6
(2005/06/03)

(1)対応アプリケーション

・以下のアプリケーションで動作することを確認しました。
JustSystems 一太郎 2005

(2)性能改善

・ 宛先フォルダと宛先フォルダが参照するディレクトリの名前が異なる場合、WEBブラウザの「ログ画面」からログファイルをダウンロードできない問題に対応しました。
・Ver2.0以前の製品をVer2.1以降の製品にバージョンアップした後、FAX送信業務を行う宛先フォルダにおいて、FAX宛先情報の設定に失敗する問題に対応しました。
・DocWays AutoFAX for DocuWorks、またはユーザーカタログファイルを使用し、かつ、分散送信を行うと実行のタイミングによっては、1つの宛先に対して複数のプリンタからFAX送信を実行してしまう問題について対応しました。
Ver.2.1.5B
(2005/04/28)

(1)性能改善

・ FAX送信業務において、ご使用になる環境によってはDOCWPrint.EXEのアプリケーションエラーが発生してしまう現象について改善いたしました。
Ver.2.1.5A
(2005/03/25)

(1)性能改善

・ FAXドライバのプロパティ画面にある[ファクス構成]タブ-[外線/内線切り替えキット]に”なし”(未使用)を設定している状態において、FAX宛先情報に「内線」 を使用した場合、外線/内線切り替えキットを使用しない設定にしているにも係わらず 「内線ポート」を使用してFAX送信を実行してしまう現象について改善いたしました。
この現象は、以下のプリンタドライバを使用した場合に発生いたします。

 

FX DocuCentre Color f450 FAX(Ver2.5.18以降)
FX DocuCentre Color f360 FAX(Ver2.5.18以降)
FX DocuCentre Color f250 FAX(Ver2.5.18以降)
FX DocuCentre Color a450 FAX(Ver2.5.18以降)
FX DocuCentre Color a360 FAX(Ver2.5.18以降)
FX DocuCentre Color a250 FAX(Ver2.5.18以降)

Ver.2.1.5
(2005/03/09)

(1)対応アプリケーション

・以下のアプリケーションで動作することを確認しました。
富士ゼロックス(株)社製DocuWorks(TM) 6.0

(2)性能改善

・FAX送信業務において、ご使用になる環境によってはシステムデータベースエラーやDOCWPrint.EXEのアプリケーションエラーが発生してしまう現象について改善いたしました。
Ver.2.1.4
(2005/02/14)

(1)対応機種(プリンタ)

・以下のプリンタに対応しました。
ApeosPort 450 I / 350 I
DocuCentre 450 I / 350 I
ApeosPort 750 I / 650 I / 550 I
DocuCentre 750 I / 650 I / 550 I
DocuPrint C3540 / C3140

(2)性能改善

・メール通知機能において、使用するメールソフトによってはDocWaysから送信したメッセージの文字化けが発生する現象について改善いたしました。
Ver.2.1.3
(2004/12/17)

(1)対応機種(プリンタ)

・以下のプリンタに対応しました。
ApeosPort C6550 I / C5540 I
DocuCentre C6550 I / C5540 I
DocuPrint C2424
Ver.2.1.2
(2004/10/29)

(1)動作環境

・以下のOSに対応しました。
Microsoft(R) Windows(R) XP Service Pack2 にて動作することを確認しました。
・Windows(R) ファイアウォールが有効な環境において、DocWaysを使用する場合の制限事項

(2)対応機種(プリンタ)

・以下のプリンタに対応しました。
DocuCentre f1100 / f900
DocuCentre a1100 / a900
DocuCentre 185 / 155
DocuPrint 405 / 505
Ver.2.1.1
(2004/09/10)

(1)対応機種(プリンタ)

・以下のプリンタに対応しました。
DocuCentre f285 / f235
DocuCentre a285 / a235
DocuPrint 340A
DocuPrint 350JM
Ver.2.1.0A
(2004/08/20)

(1)性能改善

・DocWays AutoFAX for DocuWorksを利用したFAX送信において、連続でFAX送信を実行すると、 タイミングによっては、DocuWorks(TM) 文書中に埋め込まれたFAX番号が自動認識できず、該当する文書が送信できない現象について改善いたしました。
Ver.2.1.0
(2004/06/01)

(1)対応機種(プリンタ)

・以下のプリンタに対応しました。
DocuCentre 905

(2)対応アプリケーション

・以下のアプリケーションに対応しました。
JustSystems 一太郎 2004

(3)ユーザーカタログファイル保存機能の追加

・実行済みファイルをコピーするフォルダにユーザーカタログファイルを保存する機能を追加しました。

(4)メール通知機能の追加

・印刷ジョブ障害、および印刷実行時にプリンタ障害が発生した場合、障害の内容を電子メールで通知する機能を追加しました。

(5)イメージファイル印刷設定の追加

・イメージファイル(TIFF、JPEG、BMP)を印刷する場合に、出力する用紙サイズと向きをイメージのサイズに合わせて変更し、印刷する機能を追加しました。

(6)FAX送信先の任意設定機能の追加

・FAX送信先の設定について、FAXドライバのプロパティ画面からの設定の他、新たに独自の画面を用意し、任意に指定できる機能を追加しました。

(7)ページ単位での再送信機能の追加

・ページ単位で再送信を実行する機能を追加しました。保証送信を実行する際、未送信のページから再送信を行います。
※本機能は、TIFF形式ファイルを送信する場合で、かつ、以下の機種を使用する場合のみ有効な機能です。
DocuCentre Color a450 / a360 /a250 / f450 / f360 / f250
(ROMバージョンが「Version 04.05.18以降」の機種が対象となります。)

(8)ファイル変換機能強化

・変換元の文書をDocuWorks(TM) 文書ファイルに添付する機能を追加しました。 また、DocuWorks(TM) 文書にセキュリティ属性を設定する機能を追加しました。

(9)処理中ジョブ中断機能の追加

・実行したジョブの処理を中断する機能を追加しました。

(10)実行待ちファイルの削除

・宛先フォルダに置かれた実行待ちの文書ファイルを削除する機能を追加しました。

(11)WEBブラウザ画面の操作性向上と機能追加

・WEBブラウザ画面のレイアウトを一新しました。
・以下の機能を追加しました。
表示する項目の絞込み表示
表示する件数の選択
未送信ページからの再送信
実行待ち文書ファイルの削除
処理中ジョブの中断
実行済みジョブの再送信

(12)実行結果情報の自動削除機能の追加

・DocWaysから実行した結果をシステムの内部情報として保管する期間を指定できる機能を追加しました。

(13)ジョブ監視-タイムアウト機能の追加

・ジョブの実行状況として、”不明”の状態が指定した時間経過した場合、そのジョブの監視をやめて、タイムアウトとする機能を追加しました。
Ver.2.0.10A
(2004/05/14)

(1)性能改善

・CentreWare(TM) ドライバーインストールツールから「DocuCentre Color a450 / a360 /a250 / f450 / f360 / f250」FAXドライバをインストールした直後にDocWaysを起動すると、アプリケーションエラーが発生して起動できない問題について対応しました。
・DocWaysから出力を行うプリンタドライバがプリンタのSMB名で作成されたポートを使用している場合に、実行結果が必ず「完了(不明)」となる問題について対応しました。
Ver.2.0.10
(2004/02/02)

(1)対応機種(プリンタ)

・以下のプリンタに対応しました。
DocuCentre Color a450 / a360 /a250 / f450 / f360 / f250

(2)対応アプリケーション

・以下のアプリケーションに対応しました。
Microsoft(R) Office Word 2003
Microsoft(R) Office Excel 2003
Microsoft(R) Office PowerPoint 2003

(3)性能改善

・ユーザーカタログファイルを利用したFAX送信を実行する場合において、1つのユーザーカタログファイル内に100件を超える件数の宛先を指定すると、使用するプリンタによっては、100件目以降のジョブに対して、プリンタ側でエラーが発生しFAXできない問題について対応いたしました。
Ver.2.0.9A
(2003/12/25)

(1)性能改善

・FAX送信業務において、FAXドライバの親展通信、または中継同報機能を指定した場合、宛先フォルダの設定エラーやFAXの実行失敗が発生してしまう不具合に対応いたしました。
Ver.2.0.9
(2003/10/10)

(1)動作環境

・以下のOSに対応しました。
Microsoft(R) Windows Server(R) 2003 Standard Edition
Microsoft(R) Windows Server(R) 2003 Enterprise Edition

(2)対応機種(プリンタ)

・以下のプリンタに対応しました。
DocuCentre 719 / 659 / 559 CP
DocuPrint 305 / 255 / 205
DocuCentre Color 160

(3)対応アプリケーション

・以下のアプリケーションに対応しました。
JustSystems 一太郎 13
Ver.2.0.8
(2003/08/22)

(1)対応機種(プリンタ)

・以下のプリンタに対応しました。
DocuPrint C2425 / C2426

(2)性能改善

・Windows(R) の[スタートアップ]メニューにDocWaysのプログラムショートカットを作成し、Windows(R) を再起動すると宛先フォルダに指定したWindows(R) のプリンタが正しく認識できず、印刷やFAX送信ができない不具合を修正しました。
・長時間において連続で印刷やFAX送信を実行し続ける環境下においてタイミングによっては、データベースエラーが発生し、処理が続行できない不具合を修正いたしました。
Ver.2.0.7
(2003/06/12)

(1)DocWays AutoFAX for CentreWare Flow Serviceに対応

・DocWays AutoFAX for CentreWare Flow Serviceは、富士ゼロックス(株)社製のCentreWare(TM) Flow ServiceとDocWaysを連携することによって、複合機を活用した自動FAX送信/返信ソリューションを実現します。
・Ver.2.0.7のDocWaysからこのソフトウェアの機能に対応しています。
Ver.2.0.6
(2003/03/28)

(1)対応機種(プリンタ)

・以下のプリンタに対応しました。
DocuCentre 1015
Ver.2.0.5A
(2003/01/21)

(1)以下の条件下においてタイミングによっては、「プログラムの応答なし」が発生し、印刷が実行できない状態に陥ってしまう不具合を修正いたしました。

・処理能力の高いサーバマシン上にて複数台のプリンタを使用している場合でかつ
・長時間において連続で印刷やFAXを実行する場合において
・実行した印刷ジョブの完了をDocWaysが検知し終わらないうちに次の印刷を実行し、この状態を繰り返した場合

 

Ver.2.0.5
(2002/12/09)

(1)対応機種(プリンタ)

・以下のプリンタ/複合機に対応しました。
DocuCentre 402 / 352

 
(2)メンテナンス実行時にプリントサービスの再起動を行う機能を追加しました。
この機能を使用すると、プリントサービスで使用したリソースが解放できます。
(3)プリントサービスまたは、WEBブラウザモニタが単独で起動している状態において、DocWaysを起動した場合、メッセージを表示してソフトウェアの起動手続きに誤りがあることを通知すると共に、回避方法を指示する様に対応しました。
何らかの原因により、Windows(R) のタスクトレイにプリントサービスまたは、WEBブラウザモニタが常駐し続ける状態に陥っても、マシンの再起動やWindows(R) タスクマネージャーからのプログラム強制終了を行うことなく、運用環境を復旧させることができます。
(4)保証出力の機能を強化しました。
(5)ユーザーカタログファイルを使用してFAX送信した場合、「通信モード」を「G3」固定 で実行していましたが、実行するプリンタに設定した値で動作する様に機能強化を行いました。この対応は、ART EX FAXドライバのプリンタから実行した場合のみ有効です。

・例えば「通信モード」として「G4」を使用したい場合には、使用するプリンタの規定値として「通信モード」に「G4」を設定してください。

 
(6)ユーザーカタログファイルを使用したイメージファイルのFAX送信が実行できない不具合を修正しました。
この現象は、ART EX FAXドライバのプリンタから実行した場合のみ発生いたします。

Ver.2.0.4
(2002/10/02)

(1)対応機種(プリンタ)

・以下のプリンタ/複合機に対応しました。
DocuPrint C3530
DocuCentre Color 240

(2)対応アプリケーション

・以下のアプリケーションに対応しました。
Fuji Xerox DocuWorks(TM) 5.0
JustSystems 一太郎 12
Lotus 1-2-3 2001
Lotus WordPro 2001
Lotus Freelance 2001
Ver.2.0.3
(2002/06/10)

(1)対応機種(プリンタ)

・以下のプリンタ/複合機に対応しました。
DocuPrint 360 / 260

(2)DocWays AutoFAX for DocuWorksに対応

・DocWays AutoFAX for DocuWorks は、富士ゼロックス(株)社製のDocuWorks(TM) 文書を活用したFAX送信ソリューションソフトウェアです。
・Ver.2.0.3のDocWaysからこのソフトウェアの機能に対応しています。

(3)機能強化

・実行済みファイルを任意のフォルダにコピーする機能を強化しました。
・ファイル変換機能にて変換先へのファイルの保存方式を変更しました。
Ver.2.0.0
(2002/01/21)

(1)動作環境

・以下のOSに対応しました。
Microsoft(R) Windows(R) XP(Home Edition/Professional)

(2)対応機種(プリンタ)

・以下のプリンタ/複合機に対応しました。
DocuCentre 507 / 508 / 607 / 608 / 707 / 708
DocuCentre 230 / 280
DocuCentre Color 320 / 400
DocuCentre Color 500 / 500CP

(3)対応アプリケーション

・以下のアプリケーションに対応しました。
Microsoft(R) Publisher 98 / 2000 / 2002
・また、以下のアプリケーションは印刷の実行に失敗するため、DocWaysに適さないアプリケーションであることを確認しています。
Adobe(R) Acrobat(R) Reader 5.0J
Microsoft(R) Internet Explorer 5.5J / 6.0J
Netscape Navigater 6.2J

(4)パフォーマンスの改善

・以下のアプリケーションにおいて印刷実行時に表示されていたアプリケーションのウィンドウやダイアログを表示しないようにしました。
Microsoft(R) Word 2000 / 2002
Microsoft(R) Excel 95 / 97 / 2000 / 2002
・クライアントからWEBブラウザを使用して結果を確認している最中に、DocWaysから印刷を実行してもパフォーマンスが落ちないように改善しました。
・SMBで接続されているプリンタが使用できるように対応しました。

(5)実行済みファイルを任意のフォルダにコピーする機能を追加しました。

Ver.1.0.0.7
(2001/07/09)

(1)対応機種(プリンタ)

・以下のプリンタ/複合機に対応しました。
DocuPrint C2221

(2)対応アプリケーション

・以下のアプリケーションに対応しました。
Microsoft(R) Office XP Word 2002
Microsoft(R) Office XP Excel 2002
Microsoft(R) Office XP PowerPoint 2002
JustSystems 一太郎 11
・また、以下のアプリケーションは印刷の実行に失敗するため、DocWaysに適さないアプリケーションであることを確認しています。
・Corel Draw 10.0J

(3)性能改善

・メンテナンス機能にWEBブラウザを自動更新する周期の指定を追加しました。
・ログファイルに出力する実行結果の順番を、プリンタへの出力順番とする様に修正しました。
・Fuji Xerox DocuWorks(TM) がインストールされている環境下において、以下の操作を行った場合、宛先フォルダの設定画面からファイル変換機能が選択できない不具合を修正しました。
・インストール後に初めてDocWaysを起動した場合
・ネットワーク共有フォルダを変更した場合
Ver.1.0.0.6
(2001/06/30)

(1)宛先フォルダに対して印刷/FAX送信/ファイル変換のどの業務も指定されていない場合、そのフォルダに文書ファイルを置くと、エラーが発生してしまう不具合を修正しました。
(2)Microsoft(R) Office文書を複数まとめて宛先フォルダに置いた後、プログラムを起動すると、「ファイルが見つかりません…」のエラーメッセージが表示され以降の印刷が実行できなくなる不具合を修正しました。
(3)メンテナンス実行時に「システムのデータベースにエラーが発生しました。プリントサービスを強制終了します。(1001)」のエラーメッセージが表示される不具合を修正しました。
(4)宛先フォルダの設定における「時間指定画面」において、「実行時間帯」の「実行開始時間」または「実行終了時間」に”00時00分”と設定後、再度画面を表示すると、空白で表示される不具合を修正しました。

Ver.1.0.0.5
(2001/05/30)

(1)対応機種(プリンタ)

・以下のプリンタ/複合機に対応しました。
・DocuPrint C2220
・DocuCentre 251 / 351 / 401
・DocuPrint 401

(2)性能改善

・FAX送信する場合、デバイスの設定において「外線又は、内線発信番号」を設定し、かつ、ファックス番号に外線、または内線発信番号を付加して送信を行うと、「外線又は、内線発信番号」が二重に設定されてしまう不具合を修正しました。
・プリントサービス、またはWEBブラウザモニタの自動起動に失敗することが稀に発生することが判明しました。確実に起動できる様に修正しました。

このページの先頭へ

ユーザー専用ページを閲覧するには、ログインして下さい。