よくある質問

オフィス業務推進ソリューション

しんぷり

しんぷりで使用可能なプリンタの条件について 

Windows(R) システムの「プリンタの追加」にて追加済みであることとします。
富士ゼロックス(株)社製のプリンタを推奨します。
下記の条件に該当するプリンタは、しんぷりの提供する機能が一部使用できません。

  1. 富士ゼロックス(株)社製以外のプリンタである。
  2. 使用するプリンタドライバがART EXプリンタドライバ、PLWプリンタドライバ、ARTプリンタドライバ、XPL2プリンタドライバではない。
  3. ART EXプリンタドライバ、PLWプリンタドライバ、ARTプリンタドライバ、XPL2プリンタドライバにおいてプリンタドライバのバージョンがサポート対象外のバージョンである。
  4. プリンタがネットワークで接続されていない。
  5. ネットワークで接続されていてもプリンタのアドレスが解決できない。プリンタ電源オフのため、プリンタと通信できない。
  6. プリンタのSNMPエージェントが起動していない。
  7. SNMPエージェントがサポートしていないため、印刷ジョブの状態を獲得できない。下記のプリンタが該当します。

Laser Press 4150
Laser Press 4150 II
Laser Press 4160 / 4161
Laser Press 4160 II / 4161 II
Laser Press 4200
Laser Press 4300
Able 1220 / 1320 / 1321 / 3221 / 3321 / 1180 / 3180
Able 1250 / 1251 / 1350 / 1351 / 1405 / 3250 / 3350 / 3351 / 3405

アプリケーションのサポート状況について 

しんぷりで印刷可能なアプリケーションは次の通りです。

Microsoft(R) Word 95 / 97 / 98 / 2000 / 2002 / 2003 / 2007
Microsoft(R) Excel 95 / 97 / 2000 / 2002 / 2003 / 2007
Microsoft(R) PowerPoint 97 / 2000 / 2002 / 2003 / 2007
Microsoft(R) InternetExplorer 4.0J / 5.0J
Microsoft(R) メモ帳
Adobe(R) Acrobat(R) 4.0J / 5.0J
Adobe(R) Reader(R) 6.0J / 7.0J / 8.0J
Adobe(R) PageMaker(R) 6.5J
Adobe(R) Illustrator(R) 7.0J
Fuji Xerox DocuWorks(TM) Ver.4.0 / Ver.4.1 / 5.0 / 6.0 / 6.1 / 6.2
JustSystems 一太郎 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 2004 / 2005
Lotus 1-2-3 98 / 2000 / 2001
Lotus WordPro 97 / 2000 / 2001
Lotus Freelance 97 / 2000 / 2001
Corel Draw 6.0J / 8.0J / 9.0J / 10.0J
Netscape Navigator 4.7J
Imaging for Windows(R)
Imaging for Windows(R) 95
Imaging for Windows NT(R)

印刷の関連付けがないなどの理由によりしんぷりの印刷に適さないアプリケーションは次の通りです。

Microsoft(R) PowerPoint 7.0J
Microsoft(R) Publisher 98 / 2000 / 2002 / 2003
Microsoft(R) Access
Microsoft(R) Internet Explorer 3.0J
Adobe(R) Acrobat(R) 3.0J
Adobe(R) Illustrator(R) 8.0J
Adobe(R) PhotoShop(R)
Netscape Navigator 3.0J
Micrografx iGrafx Designer 7.0J

詳細に関しては、「ユーザーズマニュアル」をご覧ください。
※その他のアプリケーションの対応状況に関しては、お手数ですが弊社までお問い合わせ願います。

印刷可能な文書ファイルについて 

しんぷりでは、文書ファイルに対して実行するアプリケーションの印刷が関連付けられていなければ印刷を実行することはできません。
実行するアプリケーションが関連付けられているかどうかは下記のいずれかの操作で確認することができます。

  1. 実行する文書ファイルをドラッグ&ドロップ(または、コピー&貼り付け)でプリンタに置いてください。
  2. Windows(R) エクスプローラより実行する文書ファイルをマウスボタン右クリックより[印刷]メニューを実行してください。
    (※この時、ドロップ(または、貼り付け)しても印刷が開始されない場合や、[印刷]メニューがない場合は、その文書ファイルの印刷はしんぷりでは実行できません。)

印刷が関連付けられている文書ファイルでも、下記の条件に該当する場合は、アプリケーション側の制限により正常に印刷できないことがあります。ご注意ください。

  1. 印刷を開始してもしんぷりの印刷属性が無視される。指定したプリンタとは別のプリンタに出力されてしまう。
  2. 印刷を指示する為のダイアログを開いて、オペレータの入力を要求するアプリケーションにおいて発生する頻度が高く、この場合、しんぷりでは印刷の実行結果を知ることができません。

  3. 部数など一部の印刷属性の設定が、アプリケーションで無視される。
  4. しんぷりでは印刷の実行結果を知ることはできますが、印刷結果(印刷属性)がしんぷりで指定したものと異なる場合があります。

  5. 印刷が関連付けられているのに、「文書ファイルを開く」または、「新規作成文書を開く」操作を実行してしまうアプリケーション
  6. アプリケーションで何もせずに終了してしまい、この場合、しんぷりでは印刷の実行結果を知ることができません。

  7. アプリケーションが二重に起動されるとしんぷりの印刷属性が無視される。指定したプリンタとは別のプリンタに出力されてしまう。
  8. この場合、しんぷりでは印刷の実行結果を知ることができません。使用するアプリケーションを全て終了させてから印刷を実行すると、この問題は回避されます。

・「Contents Bridge」機能は、PDF形式の文書ファイルのみサポートします。

インストール時にプリンタアドレスが自動解決できるプリンタについて 

下記の条件に該当するプリンタは、しんぷりのインストール時にプリンタアドレスを自動検出することができます。

  1. DPUポートから指定しているLPR(TCP/IP)接続プリンタ
  2. SMB(TCP/IP)接続プリンタ
  3. DNS名称指定での接続プリンタ
  4. NetWare(R) 上の共有プリンタ

※1.2.3.の条件に該当するプリンタは、プリンタとの通信が実際に成功しなければプリンタアドレスが自動解決できたと判定しません。
Windows(R) XP、Windows Server(R) 2003システム上のネットワーク共有プリンタは、プリンタアドレスが取得できません。
NetWare(R) 上の共有プリンタはインストール時のみ自動検出します。

しんぷり起動中にプリンタアドレスが自動解決できるプリンタについて 

下記の条件に該当するプリンタは、しんぷりを起動中にプリンタアドレスを自動検出することができます。

  1. DPUポートから指定しているLPR(TCP/IP)接続プリンタ
  2. SMB(TCP/IP)接続プリンタ
  3. DNS名称指定での接続プリンタ

※プリンタとの通信が実際に成功しなければプリンタアドレスが自動解決できたと判定しません。
Windows(R) XP、Windows Server(R) 2003システム上のネットワーク共有プリンタは、プリンタアドレスが取得できません。

プリンタアドレスの指定方法について 

プリンタアドレスは、プリンタ状態一覧画面で指定できます。
プリンタ状態一覧画面におけるプリンタアドレスの指定方式は、IPアドレス、IPXアドレス、DNS名の3種類です。
※プリンタ状態一覧画面:使用可能なプリンタを一覧表示し、プリンタ本体のデバイス情報(カラー、両面等)、状態(正常、故障等)、印刷ジョブの出力状況(アイドル、印刷中等)、印刷ジョブの混み具合を状態表示します。

「ACEL Printer」について 

しんぷりをインストールすると、Windows(R) のプリンタとして”ACEL Printer”が生成されます。”ACEL Printer”はしんぷりの印刷を効率よく処理するためのプリンタです。
プリンタの削除や、プリンタのプロパティから動作環境を変更することはしないようお願いいたします。プリンタを削除するとしんぷりは起動できません。
また、下記の環境下において、アプリケーションから”ACEL Printer”を指定して印刷を実行した場合、しんぷりは自動で起動できません。(メッセージが表示されます。)
このような場合は、[スタート]メニューから[プログラム」→[エイセルパッケージ]→[しんぷり]を選択してください。

Windows(R) XPにおいて
Windows(R) 起動時のユーザとは別のユーザに切り替えてログオンし、かつ
アプリケーションから”ACEL Printer”を指定して印刷を実行した場合

登録できる印刷テンプレートの数について 

登録できる印刷テンプレートの数は最大20までです。

簡単印刷属性と対象プリンタのプロパティの関係について
(Ver1.0.0, 1.0.2, 1.0.3が対象になります。) 

下記の印刷属性は、しんぷりでプリンタプロパティを使用せずに直接設定することができます。

出力用紙サイズ、両面印刷、Nアップ、カラーモード、部数、ソート

ただし、使用するプリンタのドキュメントの規定値(標準のプリンタプロパティ値)に対して、上書き設定を行うため、ドキュメントの規定値としんぷりが設定する印刷属性の組み合わせに矛盾が発生する場合があります。この場合、印刷実行時に「プリンタに対する印刷属性の取得、設定に失敗しました。」のエラーメッセージが表示され、エラーが発生したプリンタへの印刷は実行できません。

例として、DocuPrint C2220においてエラーが発生する、ドキュメントの規定値と印刷属性の主な組み合わせについて説明します。

  1. 「出力用紙サイズ」(指定の用紙サイズに収める)にてエラーが発生するケース

    ドキュメントの規定値にて「トレイ/排出」タブの「用紙トレイ選択」に「トレイ3(大容量)」または、「トレイ4(大容量)」が指定されている場合に、しんぷりから「出力用紙サイズ」に「A3」「B4」「A5」のいずれかを設定すると印刷実行時にエラーとなります。
    ドキュメントの規定値にて「用紙」タブの「拡大連写/小冊子作成」に「小冊子」が指定されている場合に、しんぷりで「出力用紙サイズ」を指定しないと、印刷実行時にエラーとなります。
  2. 「両面印刷」にてエラーが発生するケース
    ドキュメントの規定値にて「用紙」タブの「拡大連写/小冊子作成」に「小冊子」が指定されている場合に、しんぷりから「両面印刷」に「なし」「短辺とじ」のいずれかを設定すると印刷実行時にエラーとなります。
    ドキュメントの規定値にて「用紙」タブの「拡大連写/小冊子作成」に「拡大連写」が指定されている場合に、しんぷりから「両面印刷」に「長辺とじ」「短辺とじ」のいずれかを設定すると印刷実行時にエラーとなります。
  3. 「Nアップ」(複数ページを一枚の用紙にまとめて印刷する)にてエラーが発生するケース
    ドキュメントの規定値にて「用紙」タブの「拡大連写/小冊子作成」に「小冊子」または、「拡大連写」が指定されている場合に、しんぷりから「Nアップ」に「2ページ」「4ページ」「8ページ」のいずれかを設定すると印刷実行時にエラーとなります。
    ドキュメントの規定値にて「スタンプ/フォーム」タブの「フォーム作成/登録」または、「オーバーレイ印字」が指定されている場合に、しんぷりから「Nアップ」に「2ページ」「4ページ」「8ページ」のいずれかを設定すると印刷実行時にエラーとなります。
  4. 「カラーモード」にてエラーが発生するケース
    ドキュメントの規定値にて「グラフィックス」タブの「画質調整モード」に「おすすめ」以外のモードが指定されている場合に、しんぷりから「カラーモード」に「白黒」を設定すると印刷実行時にエラーとなります。

※また、エラーにはなりませんが、ドキュメントの規定値にて「給紙トレイ」として「自動」以外の給紙トレイが指定されている場合に、しんぷりから「出力用紙サイズ」を指定 して印刷を実行すると、ドキュメントの規定値にて指定したトレイを使用するため、指定した用紙サイズで出力されない場合があります。

圧縮文書の取り込みについて 

ZIP形式または、LZH形式で圧縮されたファイルは、自動解凍してファイル一覧画面に取り込むことができます。
以下のDLLファイルがWindows(R) フォルダ、Windows(R) のシステムフォルダ、パスの通ったフォルダまたは、しんぷりのインストール先フォルダにあらかじめ必要です。

  1. ZIP形式ファイルを解凍する場合は、UNZIP32.dllが必要です。
  2. LZH形式ファイルを解凍する場合は、UNLHA32.dllが必要です。

解凍したファイルは、しんぷりの作業用フォルダに取り込み、そこから印刷を実行します。
ファイル一覧画面から消去された場合は、解凍したファイルを自動で削除します。

1 / 3123

このページの先頭へ

ユーザー専用ページを閲覧するには、ログインして下さい。