よくある質問

オフィス業務推進ソリューション

PSPreSCAN

モノクロPDFファイルについて。 

カラーPSプリンタにモノクロPDFファイルを印刷させた場合、実機ではカラーでカウントされますが、PSPreSCAN for DocuHouse on demandではモノクロでカウントされる場合があります。

テキストファイルについて。 

テキストファイルをエイセル(株)社製のUNIX Filterで給紙トレイを指定し印刷した場合、正しくページ数が取得できないことがあります。
本フィルターでは用紙サイズ指定がない場合、A4サイズ固定でページ数を算出します。そのため、指定された給紙トレイにA4以外の用紙がセットされている場合に正しくページ数が取得できません。
なお、正しくページ数を取得するには、必ず用紙サイズを指定するようにしてください。

古いバージョンのドライバを使用している場合について。 

DocuPrint C1250の古いバージョンのドライバを使用している場合、カラーの誤判定を起こすことがあります。

カラーデータが印字範囲外にある場合について。 

カラーデータが印字範囲外にあり、モノクロデータ部のみ(または白紙)で印刷された場合でも、カラーとカウントされます。

カラーPSデータをモノクロ機に出力する場合について。 

カラーPSデータをモノクロ機に出力する場合、PSPreSCAN for DocuHouse on demandでは機種を認識していないため、カラーと判断されます。

大きな文書を処理する場合について。 

大きな文書(ページ数の多い文書や高解像度の画像イメージを多く含んだ文書など)を処理する場合、カラー判定の処理に時間がかかる場合があります。

高速変換処理の制限について。 

Ghostscriptにて、上記大きな文書を処理する場合への処理速度改善方法として以下の2点の処理を変更する仕組みを用意しました。それぞれの方法を実施した場合に発生する事象を記載します。
・CIEベースのカラースペース変換処理を無効化することにより、カラー判定するページの色彩が変わり、カラーの誤判定を起こすことがあります。
・解像度指定にて、低解像度を指定することで処理速度は上がりますが、カラー判定の精度が落ち、誤判定を起こすことがあります。

このページの先頭へ

ユーザー専用ページを閲覧するには、ログインして下さい。