ドキュメントアプリケーション開発用キット

PDMON2

多機能プリンタ/複合機を活用した業務
アプリケーションプログラム開発を支援します。

機能紹介

「PDMON2」は、ネットワーク等によりプリンタと接続されたPC上で、プリンタ/複合機のデバイス状態を把握するための機能を、関数群として提供する、開発者向けのライブラリです。「PDMON2」を使用することにより、遠隔でプリンタに起きた障害を把握したり、印刷ジョブの処理経過・処理結果を知ることができます。

■ プリンタステータスの取得機能

プリンタの動作状態を取得する機能です。
アイドル中、節電中、印刷中、ウォームアップ中などの状態を取得することができます。
また、プリンタ内部で起きているエラーやワーニングの状態も把握できます。

■ プリンタ構成の取得機能

プリンタの本体及びオプションの構成情報を取得する機能です。
両面モジュールの有無、手差しトレイの有無、フィニッシャーの有無、などを取得することができます。

■ トレイ構成の取得機能

用紙トレイの構成情報と、各トレイの状態を取得する機能です。
トレイの段数、大容量トレイやマルチトレイの有無、各トレイの用紙サイズ、各トレイの用紙補給状態などを取得することができます。

■ 印刷ジョブ状態の取得機能

■ 使用例

2つのプリンタのステータスを取得します。
2つとも成功しなければエラーを返します。

int GetStatusOfTwoPrinter(
    FXSNMP_StatusInfo* pStatusInfo1,
    FXSNMP_StatusInfo* pStatusInfo2)
{
    int     iStatus;
    DWORD   dwPrnID1;
    DWORD   dwPrnID2;

    /*--- 2つのプリンタを使用する様に初期化 ---*/
    // プリンタ1
    iStatus = fxSNMP_ModuleInit(3, 1000, "172.17.11.10", NULL, &dwPrnID1);
    if (iStatus != FXSNMP_RET_NORMAL)
        return iStatus;

    // プリンタ2
    iStatus = fxSNMP_ModuleInit(3, 1000, "172.17.11.20", NULL, &dwPrnID2);
    if (iStatus != FXSNMP_RET_NORMAL)
    {
        fxSNMP_ModuleEnd(dwPrnID1);
        return iStatus;
    }


    /*--- それぞれプリンタステータスを取得 ---*/
    // プリンタ1
    iStatus = fxSNMP_GetPrtStatus(dwPrnID1,
        FXSNMP_STATUS_TYPE_OUTLINE, pStatusInfo1);
    if (iStatus == FXSNMP_RET_NORMAL)
    {
        // プリンタ2
        iStatus = fxSNMP_GetPrtStatus(dwPrnID2,
            FXSNMP_STATUS_TYPE_OUTLINE, pStatusInfo2);
    }

    /*--- 2つのプリンタの使用終了 ---*/
    fxSNMP_ModuleEnd(dwPrnID1);     // プリンタ1
    fxSNMP_ModuleEnd(dwPrnID2);     // プリンタ2

    return iStatus;
}

このページの先頭へ

ユーザー専用ページを閲覧するには、ログインして下さい。